Niigata Association of Radiological Technologists

季節のたより22

22
 今年の長岡の冬はやはり変です。
まもなく大寒を迎えようとしている今日1月24日、豪雪地と呼ばれるこの地に雪が1センチも積もっておりません。
 各地のスキー場では雪が無くて大弱り、なのに県内のゴルフ場がこの時期にオープンしてニコニコ、なんて聞いた事がありません。

 我が家の玄関前のバラは何をトチ狂ったのか花が咲き始めました。
 例年この時期は、毎日のように屋根の雪を眺めては降ろそうか、もちょっと頑張って降ろすのを見合わせようかと悩むのが常なのに、まったく安心しきっています、お陰で灯油の値段が下がってきました。

 そうそう、雪の無い元旦と有って初詣客の多かった事、全国各地とも多かったようですが長岡もご他聞にもれず、例年の2倍近い非常に多くの方々がお参りに訪れたと報じられていました。
その折の写真をご覧下さい。
 鳥居のかなり手前から渋滞が始まりました、6件ほど出ていた露天商の方々はホクホク顔です。
 山門にたどり着くのに20分かかりました、結構、足が冷えてぶるぶるです。 
 そこから更に歩みがのろくなります、神社のお札売りの前も大混雑です。おまけに大勢の初詣客を捌くためでしょうか、神社の鈴を引く紐は天井に引き上げられていました。
こんなに大勢の初詣客があっても一人ひとりの願い聞いてもらえるのでしょうかねー。
ちなみに小生の御神籤は「 小吉 」 でした。