Niigata Association of Radiological Technologists

季節のたより21

21
 平成19年の元旦を迎え、皆々様に新年のお喜びを申し上げます。
 中越地震からあけて3年経った今年は、私が昭和59年にこの地(長岡市今井町)に居を構えてから初めてと言ってよい朝日を拝む事が出来ました。日の出の 時刻は7時28分でしたが、初日の出に向かって思わず 「今年も良い年となりますように」 と両手を合わせてしまいました。
 元旦に雪が全く無い年も初めてです、これって幸先が良いのでしょうか、それとも本来豪雪地と言われている地方に雪が降らないのは天変地異の表れなのでしょうか、どちらにも受け取れるのが気になります。
今日、平成19年1月1日の神社も畑もご覧の通り 平成18年12月25日はこちら
  長岡市内には蒼紫神社(悠久町) • 諏訪神社(豊詰町) • 諏訪神社(村松町) • 鹿嶋神社(村松町) • 白山宮(濁沢町) • 諏訪神社(高畑町) • 栖吉神社(栖吉町) • 高彦根神社(宮内5丁目). 長岡市南西部. 六座神社 • 枡形山神社(高島町)等など・・・53以上の神社があるそうですが、旧市内と言われる市民が初詣する神社は悠久山にある蒼紫神社か平潟神社ですが、小生宅 は蒼紫神社に詣でます
蒼紫神社 平潟神社

 蒼紫神社は享保7年9月長岡城内に建立、天明元年8月悠久山に移されました、祭神は牧野駿河守源忠辰。旧長岡藩士族の産土神だったそうです。神社に隣接する悠久山公園の中には池や動物園、広場などあり、休日は家族連れが多い、4月は花見客で賑わい、夜桜も見事です。
 平潟神社は今の長岡主要部を「平潟」と称しており,鎮守様に『諏訪大明神(健御名方富命)様』をまつり,平潟殿とあがめたことにより平潟神社と社名が生じたと言われています。