Niigata Association of Radiological Technologists

季節のたより12

12
 この白い小さな花が大根の花です、可憐な様が好いとフアンが多いようです。
 ただ違うのは、おおむねの野菜は実をつけるために花を咲かせますが、大根は種を作るために花を咲かせます、食べるだけでなく花も楽しめれば最高ですが花が咲くともう食べられません。
 この点では観賞用の花々と生態が一緒です。もう少ししたら種が出来ますのでそれを収穫し、その種を来年の春に植えつけることになります。もっと根元まで見たい方に下記画像をサービスしました。
 これから沢庵用の大根作りに入ります、長岡では漬物用大根は8月後半頃に種を植え付け、収穫は10月後半となります。

端境期という言葉をご存知ですね。
  元々の意味は、古米に変わって新米が市場に出回ろうとする時期(9~10月)を指しますが、転じて、果物、野菜などが市場に出回らなくなる時期をいい ます。左側がそろそろおしまいの胡瓜の棚で、右側が秋に収穫を予定して種まきした胡瓜の棚です。左の胡瓜はあと1週間くらいで実が取れなくなります、後か ら植えた胡瓜はもう1ヶ月かかりますので、胡瓜の収穫が見込めない時期が約3週間あるということになります、これが我が家の胡瓜の端境期です。