Niigata Association of Radiological Technologists

季節のたより10

 10
 29日に遡って梅雨明け宣言が出されたにも関らず今日未明(8月1日)には5ミリの降雨、いつもなら梅雨明け後1週間は晴天が続くはずなのにどうなっているのかな ?。
 それでも我が家の畑に近いあちさんち(よその家)の桃畑には赤い実がたくさん見られるようになりました。桃は上から赤くなりますので、下に反射板を置いてお尻側(地面を向いている側)も日の光で赤色がつくよう工夫されています。

9号の続きを少し。
 日本三大花火会場に数えられている長岡ですが、いつ頃から花火が揚げられているか調べてみました、
 すると驚くなかれ、文献で残されているのは160年余前の天保11年(1840年)に長岡藩の三方領地換えの沙汰止みを祝い「祝砲」として揚げられたのが最初だそうです。その後連綿として続けられていましたが、昭和13年太平洋戦争で中止されたと記述されています、ご存知のように長岡は海軍大将 山本 五十六 氏の生誕地であり、更に戦争を支える工業地域であった事から、昭和20年8月1日に空襲により焦土と化しまして、此の時1470余名が犠牲になりました。昭和21年に長岡復興祭が興され、昭和22年8月1日―2日の復興祭で花火が復活したと記されています。
 昭和23年に8月1日は慰霊の日とし灯篭流しなどの各種イベントを行い、2-3日が花火大会の日(長岡祭)と改められ今日に至っております。もちろん夜の花火だけでなく日中には、多くの皆様方に喜んでもらえるような昼行事が目白押しに並んでおります
 花火の作り方や三尺玉の大きさ等を詳しく知りたい方は、「まちなか花火ミュージアム」=長岡駅から徒歩五分のところにあります=に展示されていますのでおいでください。
正三尺玉 集まった観客 長生橋の上に挙る三尺玉 スターマイン100連発 ナイヤガラ大瀑布とスターマイン競演
この模様をスライドショーで見たい方は http://naviu.net/ でご覧いただけます。