Niigata Association of Radiological Technologists

新潟MR技術研究会

・研究会の目的
 MRI全般における、技術の向上を目指し、基礎と臨床についての情報交換に重点を置くことで有意義な情報が提供出来ることを目的としています。
 昨今、MRIの進歩は留まるところを知らず、新しい技術のオンパレードで、全てを把握することは不可能ですが、少しでも多く最新の情報を臨床に直結した形で、発信することを心がけています。また、MRIが楽しいと思えるように、基礎的な理解を深めてもらうことも大きな目的の一つとしています。

・活動内容
 年一回の研究会を開催しており、毎年6月の第4週に開催することとしています。以前は、施設見学も含めて、各病院で行ってきましたが、年々参加者も増え120名を超えるようになってきたので、今後、新潟市内を基本に行っていきます。研究会では、毎回、テーマを決めて行っていますが、幅広い内容とするため、他県から積極的に放射線技師に教育講演にきてもらっています。下記に今まで講演頂いた先生方を紹介します。
 また、東北MR技術研究会の開催母体ともなり、7年に一度ですが、共同開催としています。次回は、平成23年に開催される予定です。
 前世話人代表の大越さんから引き継ぎ、新体制となってから2年目となりますが、新たな試みとして、平成21年2月にMRIの経験が少ない方を対象として、基礎技術講座を行いました。大人数となり行き届いた講義が出来ませんでしたが、評判も良く有意義な講座であったと思います。

・今までの教育講演
平成17年 引地健生 東北労災病院 
 「スーパーテクノロジストへの第一歩 精度管理と安全管理(SNR測定法とクエンチ対策を中心として)」
平成18年 佐藤 兼也 青森県立中央病院 
 「頭部3D-TOFのピットフォールとその対策 」
平成19年 大越幸夫 新潟大学医歯学総合病院
  「MRI入門」
平成20年 山形大学医学部付属病院 主任診療放射線技師 
 「児玉 潤一郎 当院における脳MRIの現状」

日本磁気共鳴専門技術者認定機構について
 当、研究会は、日本磁気共鳴専門技術者認定機構の認定研究会に登録されています。認定研究会では、例年9月に開催される新潟MR画像研究会もあります。

・世話人

  代表世話人新潟労災病院金沢 勉(東北MR技術研究会世話人兼務)
 新潟大学医歯学総合病院内藤 健一(東北MR技術研究会世話人兼務)
 長岡赤十字病院鈴木 一夫
 新潟市民病院高田 芳博
 新潟労災病院笠原 哲郎
 新潟県立新発田病院丸山 義行
 長岡中央綜合病院大橋 利弘
 済生会新潟第二病院小林 功
 立川綜合病院佐野 広晃
 富永草野病院米山 勝巳
 長岡中央綜合病院荻原 義貞

■事務局
      新潟労災病院 放射線部内 Tel 025-543-3123