Niigata Association of Radiological Technologists

2006.10.7~8 すこやか・ともしびまつり2006(長岡市)

  

今年のテーマは乳がんです。    

 10月7日(土)および8日(日)の両日、長岡市のハイブ長岡にて健康・福祉フェスタ「すこやかともしびまつり2006」が開催されました。両日ともに時々晴れ間があるのですが風雨の強い天候の中、長岡市周辺より多くの来場者が会場に訪れました。
 今年は澤監事の提案による「画像でみる乳がん」をテーマに、「乳がん」の症例写真の展示や来場者への乳がん検診の啓蒙を企画しました。
 当技師会ブースに立ち寄られる皆様には実際の乳がんの症例写真を見ていただき、多くの女性会員の協力により、「乳がん検診」の受診された方もいましたが、熱心なマンモグラフィの撮り方の説明や関連した小冊子の配布で来場者には「乳がん検診」の必要性をさらにアピールできたと思います。
 また、私達放射線技師の業務の紹介したパネル展示により「放射線技師」を認識が深まったことと思います。
参加されました会員諸氏並びに器材の搬送等にご協力頂きましたメーカーの方々に感謝いたします。[石田均(中越地区理事)]
【お手伝いいただいた会員】
目黒正誠・五十嵐一美・(厚生連長岡中央病院) 林智・神林裕司・滝沢李恵・若月栄介(長岡赤十字病院) 竹内秀樹・若月由香里(長岡西病院) 高林一美・布施富雄(立川綜合病院)
【理事】
石田均(PET画像診断センター) 渡邉俊明(厚生連長岡中央病院) 滝沢陽子(長岡西病院) 須田教生(富永草野病院) 目崎真二(見附市立医療センター)