Niigata Association of Radiological Technologists

会長就任のご挨拶

一般社団法人 新潟県診療放射線技師会  会長 小林 功

 

先ずは、新型コロナウイルス感染症で対応されておられる医療関係者の方々に敬意を表すると共に、不幸にも亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

この度、第75回総会において、前会長笠原に代わり会長職を拝命いたしました済生会新潟病院の小林です。今回、残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響で書面評決という形を取らざるをえず会員のみなさにはご迷惑をお掛けしました。総会は技師会事務所において、新理事出席(一部Zoom参加)のもと無事閉会いたしましたことをここに報告致します。金沢副会長、成田副会長をはじめとする18名の理事と2名の監事のお力を借りて新潟県診療放射線技師会の発展のために邁進してまいります。どうぞよろしくお願い致します。

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活様式を一変させマスクとアルコール消毒が必須となり、ソーシャルディスタンスという新たな言葉が生まれました。

調査・福利厚生部では「緊急COVID対応会議」を5月20日(水)19時よりZoomを使ったWeb会議を行いました。県内新型コロナウイルス感染症指定医療機関から現状と対応策を発表して頂きました。急な開催にも拘らず県内外から25名の方が参加し意義あるものとなりました。第2回COVID対応会議も予定しておりますので、積極的な参加をお願いします。意見は述べなくとも参加するだけでも結構です。

このように県技師会としては3密対策としてZoom等を使うなどして新しい形での情報提供を模索しております。フレッシャーズセミナーは8月1日(土)に延期としZoomによるWeb開催を予定しております。職場において新人の方がおられましたら是非お声がけください。

今後の事業におきましても、状況を確認しながら進めていきたいと思いますので、会誌やニュース、ホームページ等でご確認して下さい。宜しくお願いします。