Niigata Association of Radiological Technologists

[依頼]アンケート調査(日本放射線公衆安全学会)

IVRに関わる医師の水晶体被ばく線量及び被ばく管理に関する実態調査のアンケート調査へのご協力のお願いについて

 日本放射線公衆安全学会 会員各位

 令和3年4月1日に施行される改正省令では放射線診療従事者等の眼の水晶体 に受ける等価線量に係る限度の引き下げと外部被ばくによる線量の測定に3ミリメートル線量当量の算定が追加されます。そのため本会では学術研究と放射線診療業務の実状把握の一環として、IVRに関わる医師の水晶体被ばく線量及び被ばく管理に関する実態調査のアンケート調査を実施いたします。 つきましては、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

○アンケート調査内容
資料 1【2020 日本放射線公衆安全学会アンケート調査票】
資料 2【2020 日本放射線公衆安全学会アンケート説明書】

 

○回答は Google フォームにご記入願います。
一度、添付資料 1 の調査票に回答をご準備いただいてから Google フォームをご利用ください。回答は 1施設1 回答になる様に、ご施設でとりまとめて頂きます様にご協力お願いいたします。

 

○Google フォーム 回答 URL
https://forms.gle/rSpMmN7y4pa4ZKfq5

 

調査期間:2020 年 10 月 1 日~2020 年 12 月 31 日