Niigata Association of Radiological Technologists

2020 年度診療報酬改定に向けた調査のお願い

⽇本診療放射線技師会では2020 年度度診療報酬改定に向けて、各施設における診療放射線技師業務について、電⼦媒体(Excel)を⽤いて調査を実施することにしました。
このアンケートは、主に各都道府県の技師会⻑に回答施設のご紹介をお願いして展開しておりますが、なるべくたくさんの施設の⽅にご回答いただくためにHP からダウンロードして検証調査に回答いただけるようにいたしました。
昨今、業務調査アンケートが⾮常に多くなっており恐縮ではございますが、このアンケート調査は診療放射線技師の業務を診療報酬に反映させるための重要な調査であります。
それは保険点数だけでなく施設要件に診療放射線技師の業務に対する取組の評価をとして名前を⼊れ込む、つまり診療放射線技師の存在価値を⼤きくするといったことにもつながります。
この調査に多くの施設がご回答いただくことで信頼性も向上し、データとしての価値も⾼まりますので、是⾮本調査に参加いただけますよう、改めてお願い申し上げます。

1.調査の趣旨
2020 年度診療報酬改定に向けた各施設診療放射線技師業務の検証調査

2.対象者
医療機関に勤務し、診療放射線業務を⾏っている⽅。
1施設、1回答を原則。

3.調査⽅法
この調査は電⼦媒体(Excel)を使⽤しての回答をお願いする形で実施します。

4.調査期間
2019 年 2⽉ 13⽇(⽔)〜 2019 年3⽉ 31 ⽇(⽇)まで

5.回答(Excel 調査票)⽅法
(1)HP より調査票(Excel ファイル)をダウンロードし、各設問にお答えください。 こちらからもダウンロードできます。
(2)回答(メール)いただくファイル
① 調査票(Excel)(ファイル名は「〇〇県〇〇〇病院」としてください。)
② 協⼒者⼀覧(csv)(ご協⼒いただいた全員の⽅の会員番号を記⼊してください。)

(3)回答(メール)先
診療報酬政策⽴案委員会 sinryou2020@jart.or.jp
* 2019 年3⽉31 ⽇(⾦)までに送信ください。

6.⽣涯学習カウント付与について本調査は1施設1回答となりますが、ご協⼒いただきました全会員に社会活動カウント10 カウントが付与されます。返信メールに施設内協⼒者の会員番号と⽒名を明記してください。

7.調査情報の取扱いについて
本調査により得られた情報は、本会による2020 年度診療報酬改定要望に向けた調査のみに利⽤されるものであり、個⼈を特定する内容での公表はいたしません。調査の回答は集計処理を⾏い、結果を⽇本診療放射線技師会誌に掲載いたします。

以上